父親たちの星条旗の感想

クリント・イーストウッドが硫黄島の戦いを日米双方の視点から描くとのことで興味を持ち「父親たちの星条旗」を見に行った。この映画は戦闘場面もあるが、いわゆる戦争映画でなく、どうちらかと言うと社会派ドラマ、人間ドラマといった感じるである。

硫黄島は日本本土爆撃上の重要な場所に位置するため、日米双方とも力を入れ、この小さい島で非常に熾烈な戦いが繰り広げられた。物量に勝るアメリカ側も多大の損害をこうむったため、アメリカ国内で非常に注目を集める戦いとなった。戦いの過程でアメリカは苦労して擂鉢山を制圧したが、その際6名の兵士が星条旗を掲げる有名な写真を撮って国内に送付した。この写真が新聞に掲載されるとアメリカ国民は戦いに勝利したとの印象を持ち熱狂した。この写真がアメリカの勝利をあまりにも象徴的に撮っていたため、国立墓地に米国軍人をたたえるものとして写真のモニュメントが作られている。

この映画はこの写真にまつわる真実をたんたんと映像化したものだ。話の大半は星条旗を掲げた3名が英雄として大歓迎され、戦費調達のための国債発行に協力させられる姿を描いているが、硫黄島の戦いも星条旗を掲げるまでの経緯を中心に回想風に描かれている。特に重要なのは星条旗が掲げられた時の状況とその時の出演者達の状況だ。この辺りをしっかり把握しておかないと、後の話で心の機微に係わる部分などでよく理解できないことになる。

星条旗を掲げた兵士が死ぬ間際になり、息子に真実を語るが、実は星条旗は2度掲げられており、有名な写真はやらせに近いものであった。この映画では、多くの兵士が戦死する中で、何故、この3名だけが英雄として祭り上げられたのか、真の英雄とは誰なのか、軍部は状況を把握していたが、戦費調達のため、誇大に演出していった矛盾、熱さ冷めたあとの英雄達の末路など考えさせられる映画であった。

日本軍は姿の見えない敵として描かれおり、映画にも殆どで出てこない。日本軍の様子は日本側からの視点で描いた硫黄島からの手紙で日本軍の苦戦する姿と家族愛が描かれるのではないかと思っている。この映画も期待したい。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト