秋田銀行本店(現赤れんが郷土館)

旧秋田銀行本店

旧秋田銀行本店

概 要

1912年(明治45年)に秋田銀行本店として竣工。1969年(昭和44年)まで銀行として利用された。その後は倉庫として活用、一時は解体も検討されたが、1981昭和56年秋田市に寄贈。修復・復元工事をへて、昭和60年から「赤れんが郷土館」として開放されている。
住 所:秋田市大町三丁目
設 計:外部は秋田県技師山口直昭。内部は星野男三郎
竣 工:1912年(明治45年)
指 定:国の重要文化財

外 観

ルネッサンス様式の煉瓦造2階建で銀行建築。外壁を土台を男鹿石、1階を白磁器タイル、2階を煉瓦で構成しています。屋根の濃緑と煉瓦の赤、タイルの白、男鹿石のグレーのコントラストがこの建物を印象深い。

内 部

内部はバロック調として白大理石や漆喰、木彫と随所に手の込んだ意匠が施され銀行としての重厚なイメージを与えている。営業室は吹き抜けになっていてトラス工法により広い空間を演出しています

付近の地図

秋田市大町三丁目
スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト