坂東三十三観音霊場の旅(寺院の一覧表)

願い事をかなえてもらうため、三十三の観音霊場を巡る旅が行われている。三十三観音霊場は各地にあるが、坂東三十三観音霊場巡りは現在も盛んに行われている。

坂東三十三観音霊場について

観音菩薩を祀る寺院においては観音信仰によって神社と同じように日常的な幸福や災害よけの祈願のため、多くの人々が参拝している。

観音菩薩は三十三の異なった姿に変身し、願い事をかなえてくださるとのことから、西国においては平安時代から三十三の観音霊場が定めら、すべての寺院を参拝する風習が生まれた。鎌倉時代には鎌倉在住の武士などから関東においても三十三観音霊場が求められ、坂東三十三観音霊場が創設された。その後、この風潮は各地に伝播し全国に100以上の三十三観音霊場が設けられている。この風習は浄土宗系の寺院が広まるのに対抗し、天台・真言宗系の寺院の自衛策の一環として、組織化された面もある。

以前ほどの人気はなくなったが、現在でも坂東三十三観音霊場を巡る人は多い。特に最近は御朱印集めの関係で霊場巡りとは関係なく単独で参拝する人も多い。三十三観音霊場巡りの納経印(御朱印)は特別の納経帳が用意され、書体も工夫されており、味のあるものが多い。

坂東三十三観音霊場は関東(神奈川、埼玉、東京、群馬、栃木、茨城、千葉)の各地に点在している。中でも鎌倉居住者が参拝しやすいように神奈川県に多い。また、昔から海上交通が発達していたこともあり、千葉にも多い。この関係で鎌倉の杉本寺が第一番(発願)、千葉の館山近くにある郡古寺が三十三番(結願)となっている。

観音霊場は本来徒歩で巡礼すべきものであるが、道のりが1200キロメートル程度に及ぶことから現実的ではなく、現在では交通機関を利用するのが一般的である。それでも、昔の寺院は比叡山延暦寺のように山の上に作らことが多く、坂東三十三観音霊場もある程度登らなけてばならない寺院が多い。また、交通の不便な寺院も多い。最難関は茨城県の八溝山の山頂近くにある 日輪寺である。苦労して参拝すればごそれに比例して達成感があり、ご利益も多いということか。

坂東三十三観音霊場一覧

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする