青森のみちのく北方漁船博物館の展示品(現在は閉館)

青森で一番興味があった施設である。残念ながら現在は閉館されてしまったが、展示されていた多くの船の写真を撮っていたので紹介する。

北欧のヴァイキング船

入口の広場に北欧のヴァイキング船が展示してある。帆船模型の対象ともなっている。

Ktohoku1910

木製ヨットの月光?世

Ktohoku1920

マルキブネ

一本の木から切り出している。

Ktohoku1930

イカ釣り漁船

イカを誘き寄せるランプがぶら下っているのが特徴

Ktohoku1940

イタリアのゴンドラ

観光用だけのことはあり、美しいく仕上げられている。

Ktohoku1950

北前船の復元船「みちのく丸」

博物館の横の港には、北前船の復元船とジャンク船が係留してあった。北前船の復元船「みちのく丸」はNHKの大河ドラマ篤姫のロケにも使用されたとのこと。多分、篤姫が船で薩摩から江戸に向かうときの場面であろう。

Ktohoku1960

また、館内には「みちのく丸」の1/4の模型も展示してあった。

Ktohoku1970

東南アジアのジャンク船

Ktohoku1980

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト