クラリネットの組み立て方

初心者が最初に遭遇する難関はクラリネットの組立てである。特に高額な楽器は壊したりしたら、一大事である。ここでは私が実践している方法を紹介する。

クラリネットの構成部品

クラリネットは上からマウスピース、リード、リガチャー、バレル、上管、下管、ベルで構成されており、これを組み立てる必要がある。

精密に加工されているためか、接続部分は殆ど余裕がなく固い。半分力で押し込んで行く感じである。上管と下管はキーで覆われており、どこを持てばよいのか戸惑う。キーに変な力が加われば、キーを傷める可能性がある。

グリスを塗る

先ずは、固い場合はグリス(CORK GREASE)を塗って滑りをよくして組み立てるが、それでも硬い。

私の組立て方法と順序

私は現在、以下の方法で実施している。

  1. ベルを回しながら下管に少し差し込み、それからベルを身体で支えながら最後は下管の端を持って押し込んでいる。
  2. 上管にバレルを少し差し込み、最後は上管の端を持って押し込んでいる。こうすればキーを殆ど持つことはない。
  3. 上管と下管の接続であるが、これには下管から上管にキーの動きを伝える連結機構があり、これをきっちりと合わせる必要がある。上管のキーを抑えると、連結部分の管が上がり、下管の連結部分とぶつからなくなり、接続できるようになる。この接続もあまり力が入らない程度に少し差し込んだ後は、ベルを身体で支え、上管の連結部分を持ちあげたまま、もう一方の手でバレルの端から押し込んでいる。
  4. それからマウスピースを差込み、リードをマウスピースに合わせ、リードの位置がずれないようにリガチャーを被せ、リガチャーの螺子を締めて完了である。

リガチャーの取り付け方向

この作業の中でリガチャーにはいろいろなタイプの製品があり、製品によって取り付ける方向を迷う。どうも、最初は反対に付けていたようであるが、正解はどのリガチャーでも、リガチャーも広い方を下にして、上から被せたとき、ネジが右側に来るように取り付けるらしい。

解体方法

離すときは先ずリガチャーとリードを離し、それからベルの膨らみのあるところ持ち、マウス、バレルと上から順番に少し回しながら離している。キーの部分を押さえるときは、キーを抑える方法に力がはいるようにしている。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト