クラヴィコードの音

クラヴィコードという言葉はバッハの曲名に使用されているので、よく目にしていたが、実際どのような音がでるのか分からなかった。多分、ある意味ではチェンバロと混同していたようである。たまたま、レプリカでの演奏を耳にする機会があった。 一口で言うと非常に小さな音量である。構造的にはピアノの前身のような楽器であって、弦を叩くのだが、現在のピアノのように「てこ」が使用されていないので、叩く力は弱く、音も小さい。 ただし、叩く力を加減することで、強弱の変化をつけられる。これがチェンバロと大きく異なる点である。バッハなどは家庭で愛用していたようだが、家庭ので聞くには丁度よい音量などであろう。 現在のピアノは家庭で弾くには煩すぎる。音の小さいことも有利なこともあるようである。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト