白岩山 長谷寺(ちょうこくじ)

長谷寺は、群馬県高崎市白岩にある金峰山修験本宗の寺院である。陸の孤島のようなところにあり、自動車がないと参拝するのは大変である。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

長谷寺の地図

緯度経度で指定

住  所:群馬県高崎市白岩3583
電話番号:0273-43-0349

バスで行ったが、不便なところであった。やはり車がないと坂東三十三箇所観音霊場を回るのは大変である。
高崎駅から群馬バス榛名湖行または室田行にて、バスは県道29号を走っているのでドドメキで下車する。
道路の反対側に高崎駅行きのバス停の側に「白岩山観世音入口」と書かれた石碑がある。この道を入って徒歩約30分の場所にある。この道路沿いになるので、比較的分り易い。

停留所の案内石碑

停留所の案内石碑

長谷寺について

長谷寺は群馬県高崎市白岩にある金峰山修験本宗の寺院で、山号は白岩山。本尊は十一面観音、地名から白岩観音とも云われている。坂東三十三箇所観音霊場の第15番札所になっている。
創建年代についてはよく分っていないが、本尊の十一面観音は平安時代後期の作で、国の重要文化財に指定されている。この頃から由緒があることは確かなようだ。
その後、源義家や新田義貞などの武将が篤く信仰し、修験道の中心的な道場として栄えたようである。

仁王門(高崎市指定文化財)

室町時代に建立された山門。

長谷寺の仁王門

長谷寺の仁王門

本堂(高崎市指定文化財)

戦国時代に上杉憲政が伽藍を整備した。武田信玄の箕輪城攻略の際焼失してしまったが、武田勝頼が世無道上人に命じて本堂を再建している。
唐破風を持った本堂。 向拝には彩色をはどこした彫刻がしてある。

長谷寺の本堂

長谷寺の本堂

納経印

納経印をもらうのは午後5時までは大丈夫だと思っていたが、長谷寺は参拝する人が少ないためか、4時20分頃訪れたが店じまいの最中で、ぎりぎり書いて頂いた。余裕を持って参拝した方がよい。

長谷寺の納経印

長谷寺の納経印

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト