Debian(Linux)の感想

歴史のあるディストリビューションDebianをインストールしたが、私の環境では無線LANの設定が難解なので、使用は却下である。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

Debianの特徴

Debian系と言われるように老舗のディストリビューションである。今人気のUbuntuやLinux MintもDebianから派生したものである。新規性よりも安定性を重視しているようである。

Debianが述べる特徴

以下はDebianのサイトで記述されていた特徴を要約したものである。
・ユーザ自身によるメンテナンス
・傑出したサポート体制
・多くの組織や個人で使用されている。
・バージョン管理が行き届いた世界で最も優れたパッケージングシステムである。
・簡単なインストール作業
・43000 を超える多量のソフトウェア群
・パッケージ間の統合に優れたパッケージ
・自由に使用できるソースコード
・簡単なアップグレード作業
・多様な環境で使用できるアーキテクチャとカーネル
・バグ追跡システム
・システムの安定性
・高速かつ軽快なオペレーティングシステム
・ GNU/Linux / GNU/kFreeBSD ユーザ によって書かれた製造業者ハードウェア用のドライバ
・優れたシステムセキュリティ
・有名な商用ソフトウェアがないが、フリーな代替品ソフトウェアがある。
・MySQL、PostgreSQLの2つの有名なSQLデーターベースソフトが使用できる。
・設定は難しいが、インストールは簡単。
・サポートされていないハードウェアがあるが、Debianで動作する同様のハードウェアがある。

Debianのインストール作業

DebianのISOファイルには手軽にインストールできるLive版とインストール版がある。Jessieと言われるインストール版は3.7Gと容量が大きく、インストールも時間がかかった。
Linuxのインストール作業はどれも入力する項目は同じようなものであるが、Debianのインストール作業は丁寧な説明付きで順次確認してくる。説明が長いので、多少煩わしいところがある。また、Linuxをよく理解している人であれば問題ないが、初心者は意味を理解できず適当な選択となることがある。それでもどれを選択しても最後はインストールできて、動くようにはなるのであろう。
他のディストリビューションではないdebian独特の作業としてはディスクトップ環境を選択する画面がある。ディスクトップ環境以下の項目から選択することができる。
Xfce
KDE
Cinnamon
MATE
LXDE
選択によっては操作感が変わってくると思われるが、どのように違うのか分からない。今回のインストールはCinnamonを選択した。

使用した感想

初期画面はどれもよく似ている。左下のメニューをクリックすると代表的なソフトの分類とソフト名が表示される。その横に標準ブラウザーのIceweasel、端末、ファイルのランチャーが表示されている。
右下にはネットワーク、音量、など各種の設定項目のボタンが表示されている。

debian初期画面

debian初期画面

無線LANの設定が難解

私のマシンでは無線LANの子機としてBUFFALOのWLI-UC-GNM2をUSBに装着して使用している。他のディストリビューションでは子機を装着していると自動的に無線LAN機能と認識して、使用可能な端末を表示してくれる。使用する端末とパスワードを入力すれば直ぐ使用できるようになるので、作業は簡単である。Debianではドライバーがインストールされていないのか、認識してくれなかった。
ネットで調べたところソフトの倉庫にはドライバーがあり、使用できそうであるが、セキュリティの関係なのか、作業は複雑で初心者の私には荷が重く、無線LANでの使用は諦めた。有線の方を接続したが、何の操作も必要でなく、直ぐにネットに繋がり、ブラウザーの機能などを確かめることができた。

日本語は自動的インストール

日本語の操作機能は自動的にインストールされており、直ぐ使用できるようになった。
ただ、ディストリビューションの問題なのかソフトの問題なのかは不明であるが、英字/日本語などの切り替え方法が他のディストリビューションと若干異なり、使い難いところはある。Linuxの場合、日本語の操作はインストールした環境により異なり、手探り状態で探すことになる。長く使い続けるのであれば、よく考えてきめの細かい設定が必要である。

プログラミング言語関係のソフトが充実

ソフトの倉庫を覗いてみたが、最初に言語関係の分類が並んでおり、ソフト開発用にソフトが充実しているように思える。他のディストリビューションも言語関係のソフトはそれなりにあるのないかと思うが、Debianのように目立つ存在ではない。Debianはソフト開発業務を特長としているのであろう。
反面、ゲーム関係のソフトは少ないようである。インストール版のJessieにはインストールした段階で手軽にできるゲームは幾つか含まれているのであるが、それ以外の目ぼしいソフトはソフト倉庫にも見つからなかった。エンタティメントより開発業務よりか。

debianのソフト倉庫

debianのソフト倉庫

標準ブラウザーはIceweasel

標準ブラウザーはIceweaselという名前を聞いたことがないソフトである。最も、これはライセンスの関係でFirefoxの別名を使用しているとのことで、機能的には問題ないだろう。
検索窓のところにgoogle検索も使用できるので、Googleが提供しているYouTubeや地図ソフトが簡単に使用できる。但し、Flash playerはIceweaselそのもにインストールされていないので、動画関係の再生にはGoogle Chromeほどの自由さはない。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト