映画「踊る大捜査線」の感想

「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ」は一言で言うと警察を舞台にした軽妙な笑いが織り込まれたコミック的な映画である。また、過去の関係者が多く出演しているオールスター映画でもある。刑事ドラマを期待して見に行った人は失望するが、昔のシリーズの愛好者で、シリーズを懐かしむのであれば、それなりに満足できる。

「踊る大捜査線」は人気のあったフジテレビの連続ドラマで、過去2回劇場版の映画も作成されている。今回は7年ぶりに劇場版の第3作目が作成された。

刑事ドラマとして見ると、短期間のうちにそれぞれが重要なテーマとなりうる事件が幾つも発生するが、扱いが簡単であり、刑事ドラマとしての深みはない。内容も非現実的で馬鹿げており、シリアスな推理ドラマ、活劇ドラマとしては楽しめない。むしろ漫画チックな喜劇の舞台設定と考えれば理解できないこともない。よく考えれば題名の「踊る大捜査線」そのものが、踊るが喜劇、大捜査線がドタバタ劇を連想させ、題名と内容があっているのかもしれない。

今回一番感心したのは、随所に軽妙な笑いの要素が織り込まれていたことである。例えば、最初に課長から本部長として紹介され、織田裕二が出れくるが、出世したのかと思いきや、実は引越し対策本部長であったとの落ちなどである。その他にもなかなか気の利いた笑いの要素が多かった。観客からも笑い声が漏れていた。

「踊る大捜査線」のシリーズの一番の魅力は登場人物の個性のあるキャラクターの設定で、そのキャラクターがシリーズを通して定着し、人間ドラマになっていたことである。今回の映画は前作より7年ぶりの映画となるので、時の流れに従って一部役柄が変更されたり、新しいキャラクターが投入されている。

主役の織田裕二は係長に昇進しているので、熱血漢にプラス雑用をこなさなければならない役柄に変更さている。現場の刑事のよき理解者であった柳葉敏郎は警察庁長官官房審議官と政治に近い役職に設定されているので、現場と遠い存在になりストリー的に無理な存在になってきた。深津絵里の刑事役は変更ないが、今回は刑事として活躍する場が少ない。織田裕二とのからみでは多少味付けが変更され比較的よく描かれている。

警察署トップの漫才トリオ(スリーアミーゴス)北村総一朗、小野武彦、斉藤暁の笑いを誘う演技は健在である。人情味あふれるベテラン刑事役柄でいい味をだしていたいかりや長介は死亡して当然出演できないので、その甥の役柄として新人の伊藤淳史が登場している。水野美紀は今回、不参加。

その他にも、フジテレビの連続ドラマや劇場版で登場した警察関係者や犯人が多く出ており、オールスター映画となっている。中でも劇場版映画で不気味な猟奇殺人を演じた小泉今日子が今回も中心的な扱いになっている。但し、不気味さは前作より劣っている。その他の犯人や警察関係者もいろいろと顔を出てしていたが、出ているカット数が少ないので熱烈なフアンでないかぎり印象に残るほどでない。

多くの新規メンバーも新規のキャラクター設定で投入されているが、出演時間が短いので、味を出すところまでは至っていない。その中で私の印象に残ったのは小栗旬、小泉孝太郎、内田有紀などであった。

今回の映画でほぼ全員の役柄が変更されそうな勢いであり、今後、「踊る大捜査線」シリーズが継続されたとしても、登場人物、キャラクター設定や人間ドラマとして味付けは大幅に変わりそうである。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト