映画「風立ちぬ」の感想

ゼロ戦の設計者として有名な堀越二郎の半生を「風立ちぬ」に代表される堀辰雄の世界を加味して描いた作品である。これまでの、ジブリ作品のように子供をターゲットにした作品ではなく、宮崎駿監督自身も納得するゼロ戦を知っている高齢者を対象にした作品であるように思う。

ゼロ戦は太平洋戦争で大活躍した戦闘機であり、太平洋戦争にある程度知識がある人は興味のあるテーマである。しかし、映画ではゼロ戦の設計に至るまでの話であり、ゼロ戦そのものは最後の方に大空の彼方で鳥のように飛んでいる姿など殆ど描かれていない。従って、戦争も破壊された飛行機が少し出てくるだけで殆ど描かれていない。

宮崎駿監督は飛行機が大好きなのであろう。中でも世界に誇れるゼロ戦とそれを設計した堀越二郎は大好きだったのだろう。以前のアニメ作品でも飛行するものは多く出てくる。この映画でも夢の中などで、いろいろな飛行機が出てくる。中には非常に興味を引かれる飛行機もあった。しかし、戦争は嫌いという性格でこのような描き方になったのだと思う。

ゼロ戦の設計では機体を如何に軽くするか、試作機の墜落の原因究明など苦労も多かったと記憶しているが、映画では淡々と設計できたように描かれるので、苦労は伝わってこない。 昔を知っているものはある程度理解できるが、現在子にとっては単に昔の人が訳の分らないもの(計算尺)をいじりながら飛行機を設計している姿でしかなく、よく理解できないかもしれない。

映画では関東大震災、昭和初期の日本の風俗が描かれているが、当時の貧しい日本を際立たせるための演出であろう。これを実写で描くと、かなり暗い映画になりそうであるが、アニメにすると暗さはなくなり、ユーモアさえ漂ってくるから不思議である。

堀越青年が悲しい恋をするが、この辺りは完全に堀辰雄の世界なのであろう。

まとめると、貧しい日本の国にあって大空に夢を描いた青年が恋をしながら世界屈指の戦闘機を設計するまでの姿を描いた高齢者向けの作品であると思う。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト