硫黄島からの手紙の感想

「硫黄島からの手紙」は監督クリント・イーストウッド、製作スピルバーグの巨匠が作ったアメリカ映画だ。しかし、内容は硫黄島における日本兵の人間性や戦闘を中心に描いたもので、言葉も大半が日本語であり、日本映画そのものだ。要するにアメリカ人が考える日本人の人間性を描いた映画だ。

主な登場人物は司令官の栗林中将(渡辺謙)、西中佐(伊原剛志)それと下級兵士(二宮和也)で、彼等を取り巻く人間関係が描かれている。陸軍と海軍、思想の異なる将校達、兵士の葛藤など人間模様がメインのテーマである。栗林中将と西中佐はアメリカでの生活経験があり、アメリカ人と同様の倫理観を持った人物として描かれている。特に西中佐はロサンゼルス五輪の大障害飛越競技で優勝したことから、アメリカでもよく知られ、好意を持たれていたようだ。全般にアメリカ兵も日本兵も人間性においては良いところ悪いところを平等に描かれており、好感が持てる。しかし、実際はどうであったか疑問の残るところである。

タイトルに「手紙」とあるので、手紙の内容がかなりの部分を占めるのかと想像していたが、家族宛に多くの手紙が書かれたという事実を伝えるだけで、内容はあまり重要な位置付けにはなっていなかった。日本兵も家族を思っている人間だということを印象づけるためのようである。

「父親たちの星条旗」は主に米国内の出来事を中心に描かいた社会派ドラマだったが、「硫黄島からの手紙」は大半が硫黄島での出来事であり、戦争映画に属する。このため戦闘場面も多い。さすがにアメリカ映画はリアルである。

クリント・イーストウッドはこの映画で日本兵の人間性を描くことで、敵であった日本人も家族との平和な暮らしを望んでいる米国人と変わらない人間であることを表現したかったのではないか。この点につては日本人から見ると当然のことであり、特別に共感するものはない。この映画は日本人よりもむしろアメリカ人に見せたかったのではないか。イラクなど現在も戦争をしているアメリカ人に対して、敵の兵士もこの映画の中の日本人と同様に家族のある普通の人間でることを訴えているのかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト