御朱印(納経印)集め

神社仏閣を観光するとき、漫然と見学するだけでなく、納経印(御朱印)を集めながら観光する人が多い。
私も以前滋賀のお寺で西国三十三観音霊場めぐりの納経印を頂いている人を見かけたことがあったが、特殊な参拝方法だと思い、その時はあまり気にしなかったが、最近、テレビの旅番組で手軽に御朱印を頂いているのを見て、急に集めてみる気になった。

御朱印(納経印)について

元は納経印から始まっているようだ。納経の本来の意味は、お経を唱えながら写経し、本尊に経典を納めることである。納経印は納経した証として授けられたもののようである。現在では、納経しなくても納経印をもらえるが、巡礼地の仏殿の前には必ず仕来り通り「納経箱」が置いてある。写経するのは大変であり、現在、有名な巡礼地以外は殆ど納経している人はいない。しかし、納経印を貰う最低のルールは少なくとも参拝を済ませることである。出来れば、お経を唱えたり、ご詠歌を謳ったりするのが望ましいようである。
人々が納経印を求めるようになってからか、神社や納経のルールがない仏閣でも、よく似た仕来りを作り参拝を済ませれば御朱印を頂ける様になってきた。この場合、納経は行わないので、御朱印と云う。

御朱印(納経印)の費用

現在、御朱印は代表的な神社仏閣であれば多くのところで300円程度で書いて頂けるようだ。少し凝った御朱印を書くところであれば500円となるようだ。
神社仏閣も現金収入の一つとして積極的に取り入れるところは多いが、但し、この費用、税金面のことを考慮してか、建前としてはサービスの対価として支払っている訳でなく、御朱印を書いて貰ったお礼に寄付している感覚である。このため、1万円札を出してお釣りを貰う行為などは嫌われる。小銭で300円支払うのが良いようである。

納経帳(御朱印帳)の種類

御朱印は御朱印帳に書いて頂くのが一般的だ。御朱印帳に特に決りはないようである。
サイズ的には、持ち運びの観点から文庫本より少し大きめ程度が一般的である。
綴じ方は一枚一枚分離され、紐で綴じた物。細長い紙を蛇腹式に折り畳んだ物の2種類がある。

板東三十三観音霊場巡用の納経帳を買ったが、各ページには予め対象となっているお寺の名前が印刷されており、そこに納経印を頂くようになっている。
鶴岡八幡宮で買った御朱印帳は蛇腹式で、好みの場所(ページ)に書いてもらえるようになっている。但し、表紙が鶴岡八幡宮なので、これは神社専用にしている。

神社用と仏閣用は区別した方が良い。また、霊場を巡礼するのであれば、専用の御朱印帳を買った方が良い。この方が書く人も気合が入り、良い御朱印をもらえるように思う。

御朱印帳

御朱印帳

札所めぐり

御朱印は多くの神社仏閣で貰えるが、漫然と集めていても面白味が薄れるので、目的を持って集めるのがベターであると思う。札所巡りの代表的なものは、四国八十八ヶ所や西国三十三観音である。全国には500以上の札所めぐりの場所があるとのことである。

私は板東三十三観音霊場にチャレンジすることにした。現在まで数箇所の札所と神社の御朱印を貰ったが、札所の納経印の方がアート的に面白い。

札所の大御堂の納経印

札所の大御堂の納経印

御朱印(納経印)を貰う場所

大きな神社や仏閣であれば、御朱印あるいは納経と書かれた場所がある。巡礼地の小さなお寺では、堂内にあったり分かり難いことがあるが、必ず何処かにはある。

神社の御朱印は普通に字が書いてあるだけで、面白味に欠けるが参拝した神社の記録にはなる。

鶴岡八幡宮の御朱印

鶴岡八幡宮の御朱印

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト