古い町並みが整然と残るーひがし茶屋街

金沢にはひがし茶屋街、にし茶屋街、それに主計町茶屋街の三つの茶屋街があるが、その中でひがし茶屋街はもっとも規模が大きく人気のある観光地である。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、藩政時代の茶屋街の街並みが非常によく再現されている。ただ、多少、統一され過ぎるきらいはある。

ひがし茶屋街付近の地図

緯度経度で指定

ひがし茶屋街について

ひがし茶屋街は1820年に加賀藩が、この近辺に点在していたお茶屋を集めて整備した茶屋街で、石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋が軒を連ねており、独特の雰囲気を醸し出している。統一感からいうと京都の祇園より勝っている。

金沢ひがし茶屋街

金沢ひがし茶屋街

但し、本来のお茶屋とし運営されている建物は少なく。大半は家の中は一般の店舗などに改装されている。このため、多少、オープンセット的な印象はある。資料によると現在でも8件が茶屋として営業しており、芸子さんや芸者さんが20名ほどいるとのことである。

ひがし茶屋街

ひがし茶屋街

茶屋様式の建物(志摩)

このような状況の中、街並みの中程に昔の茶屋様式の建物(志摩)が保存され、公開されている。昔の庶民の民家の規模であるが、2階が客間となっており、お客が床の間を背にして座ると、その正面がひかえの間となっており、襖がひらくと、あでやかな舞や遊芸が披露される部屋などを見ることができる。

昔の茶屋様式の建物

昔の茶屋様式の建物

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト