弘前の素晴らしい近代建築(洋風建築)

弘前は明治時代にいち早く西洋文化を積極的に取り入れたため、多くの宣教師が来日して西洋建築を建てたとのこと。また、戦災を免れたことにより弘前には現在でも素晴らしい洋風建築や近代建築が多く残っている。

弘前公園の追手門近くの洋風建築

スポンサーリンク
スポンサーサイト

旧弘前市立図書館

弘前の洋風建築は津軽藩のお抱え大工の長男として生まれた棟梁 堀江佐吉が建てたものが多い。堀江は函館で洋風建築の基礎を学び、この弘前に数多く洋風建築を残している。旧弘前市立図書館は明治39年に斎藤主と堀江佐吉らが東奥義塾高校の敷地内に建てたもので、八角形の双塔を持つルネッサンス様式の建物は弘前で見た中では一番気に入った。県重宝に指定されている。
主要な建物はこの地図の範囲内にある。

青森県弘前市下白銀町2-1

旧弘前市立図書館

ルネッサンス様式の旧弘前市立図書館

旧東奥義塾外人教師館

旧弘前市立図書館の直ぐ横にある旧東奥義塾外人教師館も堀江佐吉の仕事である。東奥義塾は明治5年に青森県に最初に開校した私学校で、この建物は招聘した外国人宣教師のために明治34年に建てられた住宅。設計は米国のメソジスト伝道本部であるが、施工は堀江佐吉が行なっている。これも県重宝に指定されている。

旧東奥義塾外人教師館

旧東奥義塾外人教師館

青森銀行記念館

追手門から少し歩いたところに青森銀行記念館がある。この建物は明治37年に棟梁 堀江佐吉が第五十九銀行本店本館として建てたもので、重要文化財に指定されている。現在は銀行関係の資料が展示されている。

青森銀行記念館

旧第五十九銀行本店本館の建物

弘前市は文化財には指定されていないが、弘前の歴史と文化の風情を醸し出している建物を「趣のある建物」として指定している。追手門の近くには旧藤田家別邸と旧第八師団長官舎がある。

旧藤田家別邸洋館

旧藤田家別邸洋館は日本商工会議所の創設者である弘前市出身の藤田謙一氏の別邸として大正10年に建てられた。設計は堀江佐吉の六男の堀江金造、施工は長男の堀江彦三郎である。

藤田謙一氏の別邸

日本商工会議所の創設者である藤田謙一氏の別邸

旧第八師団長官舎

旧第八師団長官舎は堀江佐吉の長男、堀江彦三郎が設計したもので、大正6年に建てられている。

旧第八師団長官舎

旧第八師団長官舎

弘前公園の追手門近く以外の洋風建築

カトリック弘前教会

堀江佐吉の弟の堀江常吉が明治43年に建てた尖塔を持つロマネスク様式の木造建築。趣のある建物に指定されている。

カトリック弘前教会

ロマネスク様式のカトリック弘前教会


石場旅館

明治12年に建てられた旅館で、白と黒のコントラストが美しい。これも「趣のある建物」に指定されている。

石場旅館

西洋建築ではないが「趣のある建物」に指定されている石場旅館


日本キリスト教団弘前教会

ノートルダム寺院にも似た双塔を持つゴシック様式の礼拝堂は明治40年に堀江佐吉の子、斉藤伊三郎によって建てられたもので、明治の第一級の建築として評価され、県重宝に指定されている。

日本キリスト教団弘前教会

日本キリスト教団弘前教会


日本聖公会弘前昇天教会

大正10年にJ.Mガーディナーが設計したゴシック様式のレンガ造りの美しい教会である。レンガ造り建築としても貴重であり、県重宝に指定されている。

日本聖公会弘前昇天教会

日本聖公会弘前昇天教会


百石町展示館

明治16年に宮本甚兵衛が呉服店の店舗として建てた土蔵造りの建物。その後、青森銀行の支店として使用され、平成16年からは百石町展示館として公開されている。市指定文化財となっている。

土蔵造りの旧呉服店の建物

土蔵造りの旧呉服店の建物


吉井酒造レンガ倉庫

大正14年頃建てられたレンガ造二階建の倉庫。かつては東北最大の酒造所。

吉井酒造レンガ倉庫

吉井酒造レンガ倉庫

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト

コメント

  1. 100年前のレトロな建物に自然と溶け込んだオシャレすぎるスタバ | netgeek より:

    […] http://wada-blog.me/hirosaki-modern-architecture/ […]