北前船の本拠地ー加賀橋立

石川県の片山津温泉の近くに、北前船で栄えた加賀橋立がある。重要伝統的建造物群保存地区に指定されているが、街並みの統一はこれからである。現在は古い当時の建物が二軒残っており、往時の雰囲気が感じるられるのはその建物の周辺だけである。

加賀橋立付近の地図

緯度経度で指定

アクセス方法

交通はJR加賀温泉駅から加賀周遊バス(CANBAS)の海まわりで約45分ほどの距離にある。もつともこのバスいろいろな場所を周遊して行くので無駄が多い。おそらく、タクシーで飛ばせば15分程度で着けるのでないだろうか。最寄りのバス停は蔵六園と北前船資料館の二つあるが、二つの場所は歩いて数分の距離にあり、どちらで降りてもよい。なお、近くに橋立漁港の駅もあるが、ここは、少し離れており、歴史的には全く関係ない場所である。

加賀橋立について

加賀橋立には江戸時代後期から明治時代中期にかけて大阪と北海道間を往復した北前船の船主、船頭、船乗りが暮らしていた集落があった。 北前船の利益は莫大なもので、当時は立派な屋敷が連なっていた。

現在も残っている北前船主屋敷は蔵六園と資料館の二軒だけであるが、重要伝統的建造物群保存地区に指定されたため、周囲の町並みも今後は統一されていくようである。

北前船主屋敷蔵六園

北前船が盛んだった当時の船主の屋敷とその庭が公開されている。

蔵六園の玄関

蔵六園の玄関

周囲の街並み

蔵六園の周辺の町並み

蔵六園の周辺の町並み

蔵六園の部屋

蔵六園の内部

蔵六園の内部

蔵六園の庭は立派である。

蔵六園の庭

蔵六園の庭

北前船の里資料館

近くにもう一つの船主の館が資料館として公開されている。規模は蔵六園より大きい。船の模型など展示されていた。

北前船の里資料館の建物

北前船の里資料館の建物

北前船の里資料館の建物

北前船の里資料館付近の街並み

資料館付近の町並み

資料館付近の町並み

資料館の内部に展示されている北前船の模型

北前船の模型

北前船の模型

なお、実物大の模型は青森県の青森のみちのく北方漁船博物館に係留されている。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト