上高地の上高地自然研究路をハイキング

上高地の大正池から河童橋まで上高地自然研究路を散策した。さすがに上高地は涼しく景観も素晴らしかった。

交通の便

平湯温泉からは簡単に上高地に入ることができる。 新穂高ロープウエイで展望したあと、高山に帰るのは馬鹿げているので、上高地に入り、上高地から松本に回り、中央線で帰ることにした。 新穂高ロープウエイから平湯温泉まで戻ると、頻繁に上高地行きのバスが運行されている。上高地は自家用車が入ることは禁止されており、自家用車で上高地に行く人も平湯温泉近くの広大な「あかんだな駐車場」を利用して、乗り合いバスで上高地に入ることになる。安房トンネルを利用すると平湯温泉からは25分で入ることができる。

上高地自然研究路

上高地自然研究路は大正池から河童橋まで片道1時間のコース。途中、コースが分かれているところがあるが、標識や案内版が整備されているので、道に迷うことはない。道の悪いところは木道でよく整備されている。

よく整備された木道

よく整備された木道

大正池と焼岳

上高地バスターミナルまで行かないで、手前の大正池バス停で下車。河童橋まで散策した。なお、反対の方向で散策して、大正池バス停からの乗車は満員になることが多く、気をつける必要がある。 先ずはバス停前の店で少し腹に入れてから大正池の湖畔に下りる。ほんの数分で湖畔。 大正池は焼岳の噴火で梓川が遮られて出来た湖で、今でも枯れた木が湖の中に残っており、幻想的な湖である。

焼岳をバックにした大正池

焼岳をバックにした大正池

枯れ木立の残る大正池

枯れ木立の残る大正池

田代池

ハイキングコースの途中に田代池の方に入る分岐点がある。田代池方面に数分歩くと田代池である。田代池付近の景観は人も少なく気に入った。上高地に行ったらなはやり付近はハイキングすべきである。

田代池付近の湿原風景

田代池付近の湿原風景

この流れは焼岳とは反対側の霞沢岳方面から注ぎ込む田代池。

田代池

田代池

この辺りの細い流れも清流である。

田代池から流れ出す清流

田代池から流れ出す清流

梓川の清流

田代池から分岐点になった道まで戻り、梓川沿いのハイキングコースを歩く。やはり梓川は清流で素晴らしい。

自然研究路コースの中間付近の梓川の流れ

自然研究路コースの中間付近の梓川の流れ

自然研究路の中間地点付近で梓川を田代橋から対岸に渡るコースもある。そのコースには上高地の開発に貢献した有名なウェストンのレリーフがある。

河童橋と穂高連山

河童橋と雲がかかった穂高連峰

河童橋と雲がかかった穂高連峰

残念ながら穂高連山の頂上付近は雲が垂れ込め、見ることができなかった。河童橋付近は人手が多い。

松本行きのバス

上高地バスターミナルは上高地より数百メートル手前にあり、梓川沿いの自然研究路のコースの近くにある駐車場から行ける。 松本行きのバスは予約性になっており、乗車券以外にバスの便を指定した整理券が必要であった。ここで整理券をもらい河童橋付近の散策に出かけた。 河童橋を渡り、明神池方面まで少し散策した。

河童橋より少し上流の梓川

河童橋より少し上流の梓川

発車時間の10分程前に戻ると、整理番号順に乗車案内されていた。日本語が分らない外国人が戸惑っていた。バスは上高地バスターミナルでほぼ満員になるが、大正池など後で乗る人のことも考慮してか、数名は余裕があった。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト