政治の中心地であった京都御所

天皇の執務が行われた京都御所は京都御苑の中にある。宮内庁が管理しており、通常では入ることができないが、参観許可が得られれば、ガイド付きで無料で見学することができる。

京都御所近くの地図

緯度経度で指定

宣秋門

門にもいろいろなランクがある。この宣秋門は摂家、親王、門跡、公家等身分の高い人が使用した門である。我々見学者が入ってきたのは清所門で、勝手口てきな門からである。

京都御所の宣秋門

京都御所の宣秋門

御車寄

昇殿を許されたものの玄関。

京都御所の御車寄

京都御所の御車寄

諸大夫の間

参内したときの控え室。三つのランクに分かれており、格によって入る部屋が異なる。

京都御所の諸大夫の間

京都御所の諸大夫の間

一番格式の高い「虎の間」。公家が入る。

諸大夫の間.の室内

諸大夫の間.の室内

新御車寄

京都御所の新御車寄

京都御所の新御車寄

建礼門

正面玄関で最も格式の高い門。現在も天皇皇后及び外国元首級しか通ることができない。

建礼門

承明門

建礼門を入って紫宸殿の正面にある内門。

承明門

紫宸殿

即位の礼などを行う最も格式の高い正殿。今回の見学でもこの中には入れてもらえなかった。

紫宸殿

紫宸殿を裏側に回ったところ

紫宸殿の反対側

建春門

建礼門についで格の高い門であるようで、勅使の出入りや明治以降は皇后陛下や皇太子殿下、外国の首相などの出入りに使われている。

建春門

春興殿

昔は武具を置いた所であるが、現在の場所とは異なっている。現在の春興殿は大正天皇の即位礼のとき、三種の神器の一つ「神鏡」を奉安するために建てられた建物。

春興殿

清涼殿

昔は天皇の日常生活の場として利用された。御常御殿が建てられてからは、日常生活は御常御殿で行われている。

清涼殿 清涼殿の詳細

御学問所

学問だけでなく、臣下と対面される行事などに使用された。

御池庭

御学問所の東側に広がる回遊式庭園。

御池庭

御常御殿

御常御殿からは北は日常生活に使用される御殿。京都御所の中で最も大きい御殿。

御常御殿

 御内庭

御常御殿の前に広がる庭。

御内庭
スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト