盛岡城と南部藩

盛岡城は清和源氏の流れを汲み、岩手県北上市から青森県下北半島を一帯を領有していた外様大名南部藩の本拠地である。南部氏は平安末期に東北に根を降ろしてから明治の初めまで生き残った珍しい一族で、他には島津しかいない。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

南部藩の起源

南部氏は武田と同じ清和源氏の分家の流れを汲む一族であり、功績により現在の山梨県南部町を拝領した。この時から地名と同じ南部姓を名乗るようになった。
平安時代末期に源頼朝が奥州藤原氏討伐に乗り出したとき、南部三郎光行も参加、その功績により糠部五郡(現在の青森県から岩手県)を拝領した。しかし、実質的に支配した時期は定かでない。
青森県三戸郡南部町は南部三郎光行が上陸し、宿をとったことから、町の名前が付いたとされる。山梨県南部町は南部氏発祥の町として、青森県南部町は南部藩発祥の地として、現在でも交流があるとのこと。

室町時代まで

鎌倉時代、南北朝時代、室町時代と時の権力者の移り変わりにより南部氏も変遷はあるが、最初に根拠地としたのが、八戸城(根城)で、その後、三戸を根拠とする「三戸南部氏」と「八戸根城南部氏」に分かれている。また、津軽への防衛措置として、七戸にも城を築いている。

戦国時代

戦国時代に豊臣秀吉が全国統一に乗り出し小田原城を攻めたとき、三戸南部の南部信直は参陣している。南部信直は宇都宮で秀吉との謁見を許され、所領安堵の朱印状を与えられている。その後、八戸南部の九戸政実が反乱(九戸政実の乱)を起こすが、豊臣秀吉に鎮圧されている。この結果、八戸南部は三戸南部の管理下に置かれ家臣との位置付けになった。

盛岡城の築城

九戸政実の乱後、所領の改変が行なわれ、三戸南部の所領から津軽、比内が取り上げられ、代替地として小田城攻めに不参加の藩の領地、和賀郡、稗貫郡の2郡が加増された。所領が南部に広がつたことにより、従来の本拠地では北により過ぎて統治には不便なことから現在の不来方(盛岡)に本拠地を置くことを勧められた。南部信直が朝鮮出兵のため名護屋に滞陣中に、秀吉の許可を得て、不来方城(盛岡城)築城が開始された。しかし、不来方城と城下の町並の整備が一応完成したのは1608年南部利直の時代になってからことである。その後も本丸が消失したりして、城や町の整備は続いた。盛岡城を本拠としたことにより、南部藩は、盛岡を本拠とした南部藩(盛岡藩)、八戸城に藩庁を置いた八戸南部藩、七戸城に藩庁を置いた盛岡藩の支藩、盛岡新田藩となった。

盛岡城の石垣と桜

盛岡城の石垣と桜

盛岡城は現在の盛岡市中心部にある現在の岩手公園の地の花崗岩丘陵に築城された連郭式平山城である。建造物は明治初頭に解体された。現在は岩手公園として整備され宮沢賢治の詩碑や石川啄木の歌碑などがある。現在でも立派な石垣が殆ど残っており、城址としての雰囲気は十分である。

岩手公園の地図

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト