工業都市の室蘭の観光

有名な観光地での宿泊は休日前になると宿泊代が跳ね上がるので、経由地の室蘭で宿泊した。室蘭は工業都市であるが、地球岬、白鳥大橋、港の風景とそれなりに見るものはある。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

日の出、夕日の眺望の地球岬

絵鞆半島の東側の隅にあるのが地球岬である。100メートル前後の断崖絶壁の上にあり、周囲の何も遮るものはないので展望はよい。初日の出の名所になっており、元旦には多くの人達が拝みに来るとのこと。行った時は夕暮れ時だったので、夕日が見られた。

地球岬の日没

地球岬の日没


地球岬周辺の岸壁は金屏風、銀屏風といわれる景勝地なのであるが、展望台のところからは殆どみることは出来なかった。どうも海上から見る風景のようだ。高台に登る途中に一箇所だけそれらしき風景が見られた場所があった。
この辺一帯は 渡り鳥の飛行ルートになっており、渡り鳥を狙うハヤブサが住んでいるとのこと。この点も評価され、北海道の自然100選の投票で、得票数が第1位になったこともあるとのこと。
地球岬の断崖風景

地球岬の断崖風景


特に行った時は観光シーズン最盛期が終わっていたので、展望台の修理が行われており、270度前後の眺望は見られなかった。ただ、美しい地球岬灯台は見られた。
地球岬灯台

地球岬灯台

工業都市の室蘭

室蘭は絵鞆半島が包み込むように守っている良港を基礎にして発展した町である。この港を拠点にして鉄鋼業が発達し、新日鐵住金や日本製鋼所の企業城下町としての様相をていしている。また、造船や石炭の積み出し、石油精製なども発達、この辺りは北海道の工業地域となっている。
町を打ライブしていると各所で工業地帯として足跡を見ることができる。

工業都市としての風景

工業都市としての風景


海の見える道の駅からは室蘭港を行き来する船が見られる。
室蘭港の風景

室蘭港の風景

白鳥大橋

平成10年6月に開通した室蘭港を跨ぐ白鳥大橋は長さ1380メートルと東日本最大の吊り橋である。その優美な姿は観光に値する。特に、夜にはライトアップされ工業地帯を照らすライトの夜景と相まって近年は観光ルートになってきている。

道の駅から見た白鳥大橋

道の駅から見た白鳥大橋

旧室蘭駅舎(室蘭観光協会)について

旧室蘭駅は明治45年に建造されたもので、北海道の駅舎の中では最古の木造建築物となっている。
建築様式は、寄せ棟造りで、明治の洋風建築の面影を残す屋根や白壁づくりの外観が美しい。室蘭で唯一気に入った近代建築である。

旧室蘭駅(室蘭観光協会)

旧室蘭駅(室蘭観光協会)


現在は室蘭の観光案内所として使用されており、気楽に内部を見学することができる。中には旧室蘭駅にゆかりのある汽車のプレートも展示されていた。
汽車のプレート

汽車のプレート

室蘭名物のやきとり

室蘭の名物料理は焼き鳥である。ただし、室蘭の焼き鳥は鶏肉代わりに豚肉、ネギの代わりに玉ねぎが使用された変わりもので、これを洋がらしを付けて食べるのが室蘭風とのことである。
ものは試しとホテルで紹介された地元で有名な焼き鳥屋に入ったが、確かに美味しかった。タレが美味しいのか普通の焼き鳥とあまり変わらない感じである。メニューには一般的な焼き鳥もあった。

白鳥湾展望台

洞爺湖に向かう途中の国道37号線沿いの少し高台になったところ白鳥湾展望台がある。駐車場から少し階段を登った高台の上に鉄筋コンクリート製2階建ての展望台が作られている。
室蘭の対岸に位置するポイントで湾周辺の風景や白鳥大橋や室蘭の工業地帯を見渡せる。ただし、白鳥大橋までかなり距離があるので、白鳥湾全体を見渡すにはよい場所だが、白鳥大橋の眺めはいまいちである。夜景は素晴らしいかもしれない。

白鳥湾展望台からの眺望

白鳥湾展望台からの眺望

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト