大鰐温泉(弘前の奥座敷)

大鰐温泉は弘前から非常に近く、桜のシーズンなど弘前観光のとき手軽の利用できる温泉である。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

 大鰐温泉への交通の便

弘前を見学したあと今夜の宿の大鰐温泉に向かった。大鰐温泉は弘前の奥座敷と言われている温泉であるが、JRで二つ目の駅で乗車時間にして11分と非常に近く、弘前観光の宿泊地としても十分に利用できる。ただ、JRの本数が少なく、列車時刻を頭に入れて行動する必要がある。しかし、JR以外にも弘南鉄道、それにバスの便もあるので、行けなくなるというようなことはない。津軽フリーパスの利用できるエリアにも入っている。

大鰐温泉は少し山間に入ったところにあるが、まだ町幅は以外に広く、ひなびた山間の温泉宿という風情ではない。近くには青森県で有数の大鰐温泉スキー場があり、冬は賑わうとのこと。それ以外のシーズンは多分余裕があるのであろう。

平川から見た大鰐温泉の風景

平川から見た大鰐温泉の風景

町の中には観光地というほどのものはないが、大鰐温泉は長さ30cmほどの大豆「もやし」が地域の名産品とのことで、歩いていて看板をよく目にした。

大円寺

宿に行く途中にあった大円寺は高野山金剛峰寺の末寺で、本尊は阿弥陀如来。高さ2mのヒバ材を使用した寄木造りの阿弥陀如来座像は国の重要文化財の指定を受けているとのこと。

古びた石仏、茅葺の屋根と枝垂桜

古びた石仏、茅葺の屋根と枝垂桜

最後の宿泊は温泉に入り、旅館で夕食をとりゆっくりと過ごした。

「寝台特急あけぼの」に乗る

最終日は青森を観光することに決めた。しかし、JRの適当な普通電車がなく、「寝台特急あけぼの」(現在は運転されていない)で行くことにした。寝台列車もこの終着あたりの区間になると立席特急券というのが発売され、利用できるようになる。

「寝台特急あけぼの」の雄姿

「寝台特急あけぼの」の雄姿

同じような人が十名程度いた。駅員さんから3、4号車に乗って下さいと指示された。弘前までは窓際の補助椅子を出して座っていたが、弘前で降りる人が多く、多くの寝台が空になった。使ったシーツが散乱しているので、多少、汚らしい感じはするが、青森まではゆっくり座って行けた。

弘前を過ぎ、青森方面にカーブすると、今まで電車の進行方向にあって見えなかった岩木山が見えるようになってきた。雪を被った岩木山は素晴らしくやはり弘前のシンボルである。

車窓から見る岩木山

車窓から見る岩木山

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト