小樽の近代建築(銀行)

戦前に栄えた小樽には明治時代から昭和初期かけて建てられた近代建築が多く残っている。特に商業的に栄えたため、日銀を始めとして銀行建築が多く残っている。現在もよく保存されており、明治ロマンを感じさせる都市である。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

小樽の銀行について

明治になり北海道の道都が札幌に定められたの伴い、海の玄関口である小樽に石炭の積出し港、ニシン漁の拠点、そして国際貿易港として、人や物が集まるようになった。これに伴い多くの銀行が進出し、支店を構えた。これに伴い日銀も支店を設置した。
しかし、戦後、小樽が栄えた経済的な条件が失われると銀行業務も少なくなり、徐々に撤退していき、現在都市銀行の支店は何も残っていない。銀行の建物は他の用途に活用され、レトロな町の雰囲気を醸し出している。

日銀通り(浅草通り)沿い

日銀通りと色内大通りに多くの支店が集中している。

小樽市色内1丁目8番6号

日本銀行小樽支店(現金融資料館)

住 所:北海道小樽市色内1-11-16
建築年:明治45年
設 計:辰野金吾、長野宇平治、岡田信一郎
小樽市指定文化財

日本銀行小樽支店

日本銀行小樽支店

北海道銀行本店(小樽バイン/北海道中央バス(株)本社ビル)

住 所:小樽市色内1丁目8番6号
建築年:明治45年
設 計:長野宇平治
施 工:加藤忠五郎
構 造:石造2階建。重厚な銀行建築。玄関や窓まわりの石組みデザインに特徴。
小樽市指定歴史的建造物

 旧北海道銀行本店

旧北海道銀行本店

旧三菱銀行小樽支店(小樽運河ターミナル/北海道中央バス(株)第2ビル)

住 所:小樽市色内1丁目1番12号
建築年:大正11年
構 造:鉄筋コンクリート造4階建。建築当初は外壁に煉瓦色のタイルが貼られていたが、昭和12年に現在の姿に変更。1階正面にはギリシャ・ローマ建築様式を表すように6本の半円柱。
小樽市指定歴史的建造物

旧三菱銀行小樽支店

旧三菱銀行小樽支店

旧北海道拓殖銀行小樽支店(ホテルヴィブラントオタル)

住 所:小樽市色内1丁目3番1号
建築年:大正12年
設 計:矢橋賢吉、小林正紹、山本万太郎
構 造:鉄筋コンクリート造4階建。丸みを帯びたデザインが特徴。
小樽市指定歴史的建造物

 旧北海道拓殖銀行小樽支店

旧北海道拓殖銀行小樽支店

旧第一銀行小樽支店(トップジェント・ファッション・コア(株))

住 所:小樽市色内1丁目10番21号
建築年:大正13年
構 造:鉄筋コンクリート造4階建。
小樽市指定歴史的建造物

 旧第一銀行小樽支店

旧第一銀行小樽支店

堺町界隈

第百十三国立銀行小樽支店(現オルゴール堂海鳴楼)

住 所:小樽市堺町1番19号
建築年:明治26年
構 造:木骨石造1階建。寄棟の瓦屋根に「トンガリ」飾りを付けた和洋折衷の構成。
小樽市指定歴史的建造物

 旧第百十三国立銀行小樽支店

旧第百十三国立銀行小樽支店

百十三銀行小樽支店(現小樽浪漫館)

所在地:小樽市堺町1番25号
建築年:明治41年
設 計:池田増治郎
構 造:木骨石造2階建。寄棟、瓦屋根で、角地に玄関を設け、上部にギリシャ建築を思わせる飾り。
外壁は当初石張りとなっていたが、その後、煉瓦タイルに。
小樽市指定歴史的建造物

旧百十三銀行小樽支店(小樽浪漫館)

旧百十三銀行小樽支店(小樽浪漫館)

色内大通り

三井銀行小樽支店

住 所:北海道小樽市色内1-3-10
建設年:昭和2年
設 計:曾禰中條建築事務所
構 造:鉄筋鉄骨コンクリート造り。正面に5連のアーチとファサード。
小樽市指定歴史的建造物

三井銀行小樽支店

三井銀行小樽支店

第四十七銀行小樽支店((株)渋谷建設)

住 所:小樽市色内1丁目6番25号
建築年:昭和初期
構 造:木造2階建。壁面をタイル張り。正面に4本の大オーダー(円柱)。
小樽市指定歴史的建造物

旧第四十七銀行小樽支店((株)渋谷建設)

旧第四十七銀行小樽支店((株)渋谷建設)

安田銀行小樽支店(花ごころ)

住 所:小樽市色内2丁目11番1号
建築年:昭和5年
構 造:鉄筋コンクリート造2階建。ギリシャの建築様式をもった昭和初期の典型的な銀行建築。重量感あふれる円柱が特徴。
小樽市指定歴史的建造物

旧安田銀行小樽支店(花ごころ)

旧安田銀行小樽支店(花ごころ)

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト