小樽ーレトロな雰囲気の漂う町

戦前に栄えた小樽には戦前に建てられた古い建物が多く保存されており、明治のロマンを感じさせる町である。特に、商店のような小さな家は他の地方には珍しく小樽独特の味をだしている。宿泊したソニアの近くには古い建物が多く残っており、夕食時と朝早くホテルの周囲の写真を撮った。
なお、銀行と倉庫の写真は以下を参照。
小樽の近代建築(銀行)
小樽の近代建築(倉庫)

スポンサーリンク
スポンサーサイト

小樽について

江戸時代には松前藩の商場が置かれていた。明治になり北海道の道都が札幌に定められたの伴い、海の玄関口である小樽に石炭の積出し港、ニシン漁の拠点、そして国際貿易港として、人や物が集まり、銀行や商社が支店を構えた。日銀の支店も作られている。

しかし、戦後小樽が栄えた経済的な基板が失われると急速に変貌していった。現在は戦前に建てられたレトロな建物を売り物しして観光都市として側面が強い。

堺町通り

古い町並みを保存した店が多く、独特の雰囲気を醸し出している。

境町繁華街の町並み

境町繁華街の町並み

岩永時計店(小樽オルゴール堂堺町店)

住 所:小樽市堺町1番21号
建築年:明治29年
構 造:木骨石造2階建
小樽市指定歴史的建造物
小樽市都市景観賞

岩永時計店(小樽オルゴール堂堺町店)

岩永時計店(小樽オルゴール堂堺町店)

金子元三郎商店(瑠璃工房)

住 所:小樽市堺町1番22号
建築年:明治20年
構 造:木骨石造2階建。両袖にうだつを建て。2階正面の窓には漆喰塗りの開き窓。
小樽市指定歴史的建造物
小樽市都市景観賞

金子元三郎商店(瑠璃工房)

金子元三郎商店(瑠璃工房)

名取高三郎商店(ナトリ(株)小樽支店/大正硝子館)

住 所:小樽市色内1丁目1番8号
建築年:明治39年
構 造:木骨石造2階建。西側と南側に開いた形で防火のためのうだつ
小樽市指定歴史的建造物

名取高三郎商店(ナトリ(株)小樽支店/大正硝子館)

名取高三郎商店(ナトリ(株)小樽支店/大正硝子館)

染色アトリエKAZU

住 所:小樽市色内1丁目10番23号
建築年:明治30年頃

染色アトリエKAZU

染色アトリエKAZU

利尻屋みのや不老館

建物の詳細は分からないが、おしゃれな店である。

利尻屋みのや不老館

利尻屋みのや不老館

17号線沿い
昔は17号線はなく、直接運河に面していた。建物の役割も異なる。

荒田商会本店事務所

住 所:小樽市色内1丁目2番17号
建築年:昭和10年
構 造:木造2階建
小樽市指定歴史的建造物

荒田商会

荒田商会

通信電設浜ビル(協和浜ビル)

住 所:小樽市色内1丁目2番18号
建築年: 昭和8年
構 造:鉄筋コンクリート造4階建。正面デザインはすべて左右対称。玄関周りは花崗岩。
小樽市指定歴史的建造物

通信電設浜ビル(協和浜ビル)

通信電設浜ビル(協和浜ビル)

ソニア

ソニア

ソニア

出抜小路

日銀通りの運河近くに小さな店があつまった一帯がある。この辺りを出抜小路と呼んでいる。

てんぷら脇坂(石水)

てんぷら脇坂(石水)

てんぷら脇坂(石水)

小樽なると屋

小樽なると屋

小樽なると屋

色内大通り付近

昔のメイン通りであり、古い建物が多く残る。

小樽商工会議所

住 所:小樽市色内1丁目6番32号
設 計:土肥秀二
施 工:萬組
建築年:昭和8年
構 造:鉄筋コンクリート造3階建。外装は石川県産千歳石。正面玄関は土佐産の大理石。
小樽市指定歴史的建造物

小樽商工会議所

小樽商工会議所

塚本商店(cafe色内食堂)

所在地:色内1丁目6番27号
建築年:大正9年
構 造:木骨鉄網コンクリート造2階建。出入口や窓を防火戸。
小樽市指定歴史的建造物
小樽市都市景観賞

塚本商店(cafe色内食堂)

塚本商店(cafe色内食堂)

越中屋ホテル

住 所:小樽市色内1丁目8番25号
建築年:昭和6年
設 計:倉澤国治
構 造:鉄筋コンクリート造4階建。中央の縦2列のベイウィンドウ。
小樽市指定歴史的建造物

越中屋ホテル

越中屋ホテル

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト