新鮮な魚の宝庫ー近江町市場

北陸の味覚を味わうならやはり近江町市場でということで、昼近くに近江町市場に行った。市場といっても金沢の中心地むさし交差点の一画に広がる場所で、非常に交通の便がよく、繁華街に行く雰囲気である。

緯度経度で指定

この周辺は細い道路を挟んで店がぎっしり並んでいる。近江町市場は北陸の物産の宝庫で、行ったときは丁度ズワイガニの解禁日となっていたので、どの店でも、所狭しとズワイガニが並べられていた。魚屋が多いような気がする。

近江町市場

近江町市場

ずわいガニは捕れる漁港により名前が変わる。福井県で捕れれば越前ガニ、山陰なら松葉ガニとなり、金沢では加能ガニとしてブランド化を計っている。

値段はまちまちである。1杯1000円程度のカニは香箱蟹(こうばこがに)といってズワイガニのメスのことで、 オスのズワイガニに比べて非常に小さい。

近江町市場の店舗

近江町市場の店舗

食事処も多くあり、市場の仕入れた食材を手軽に食べることができる。我々もガイドに掲載されていた店を探し、食べた。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト