WordPressの投稿フォーマットの機能テスト

WordPressでブログを投稿していて気になったのは、いろいろな投稿フォーマットがあることである。この投稿フォーマットを使用するとどのような表示になるか非常に興味が沸いた。しかし、投稿フォーマットの説明を読んでもどのような効果があるのか今一理解できないので、実際にテスト用のサイトを立ち上げどのように表示されるかテストしてみた。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

投稿フォーマットの種類

WordPress Codex 日本語版には投稿フォーマットについては以下のように説明されている。
対応しているテーマ内で、ユーザーは以下の投稿フォーマットを利用できます。

aside(アサイド)
通常タイトルなしで表示。Facebook の Notes のようなもの。
gallery(ギャラリー)
画像ギャラリー。ギャラリーショートコードと添付画像を含む投稿など。
image(画像)
単独の画像。投稿本文内の最初の <img /> タグが画像と見なされる。もし投稿本文が URL のみの場合はそれが動画 URL となり、投稿タイトル (post_title) が画像の title 属性となる。
link(リンク)
他サイトへのリンク。投稿本文内の一つ目の <a href=””> タグがその投稿の外部リンクと見なされる。もし投稿本文が URL のみの場合はその URL が外部リンクとなり、投稿タイトル (post_title) が名前となる。
quote(引用)
引用文。引用文と引用元のテキストエリアを設けるのが望ましい。引用文は <blockquote>$quote_wrapped_with_paragraphs<p><cite>$citation</cite></p></blockquote> として post_content に保存すること。
status(ステータス)
通常140程度の短い近況アップデート。Twitter のツイートのようなもの。
video(動画)
単独の動画、または動画のプレイリスト。投稿本文内の最初の <video /> タグまたは object/embed が動画と見なされる。もし投稿本文が URL のみの場合は、それが動画 URL となる。
audio(音声)
音声ファイル、またはプレイリスト。ポッドキャストにも使える。
chat(チャット)
チャット履歴。例えば以下のようなもの。
太郎: やあ!
花子: 元気?
一郎: おう!

注 : 投稿の作成や編集で投稿フォーマットを指定しない場合は、「標準」が使用されます。不正な投稿フォーマットが指定された場合も、”フォーマットなし” の意味で「標準」が使用されます。

投稿フォーマットの機能はテーマによって異なる

投稿フォーマットの機能はWordPressで統一されているのかと思っていたが、実際は使用しているテーマによってその機能が異なる。いろいろな投稿フォーマットのページを作り、テーマを変更してみたが、表示される内容はテーマによってすべて異なった。まあ、よく似た部分は多いが。
要するに、投稿フォーマットで記述されていれば、その表示機能はテーマで自由に作れるということである。自分でカスタマイズ出来る能力があるのなら、投稿フォーマット毎に自分のサイトに合った表示形式にして、個性のあるサイトを作成出来るかもしれない。

既存のテーマの表示機能で作成するのであれば、いろいろな投稿フォーマットで仮の原稿を作り、テーマをいろいろ変更してどの様に表示されるか確かめることである。

投稿フォーマットの表示形式

表示される内容はテーマによって若干異なるが、類似する部分も多い。以下は代表的な表示例である。
1)「投稿一覧」で投稿フォーマットの種類が区別される。例えばquote(引用)を使用すれば、「投稿一覧」でその投稿にquote(引用)のアイコンなどが付く。
2)メニューで「カテゴリー」「タグ」と同様、「投稿フォーマット」の項目も作り出される。投稿フォーマット毎のリストを表示することができる。
3)ページのタイトルが表示されない。aside(アサイド)の項目にはその旨記述されているが、他のフォーマットもタイトルが表示されないことが多い。また、日付や著作者の記入も表示されないテーマもある。簡単な日記にように日々の仰々しいタイトルは必要ないときには向いているフォーマットである。
但し、テーマによってはaside(アサイド)でもタイトルが表示されることがある。
4)ページの表示に投稿フォーマットのアイコンが表示される。これによって投稿がどの種の内容なのか判断しやすい。
5)フォントや表示形式を標準投稿と変えることができる。テーマの中には引用だけ大きなフォントで表示されるテーマがあった。
6)「Yuuta]というテーマでは標準投稿ファーマットを使用するとキャッチアイ画像が先頭に表示されるが、標準以外の投稿フォーマットを使用すると、その画像は本文テキストの背景画像として使用され非常にビジュアルな表示になる。
7)gallery(ギャラリー)の投稿フォーマットでは画像ギャラリーのショートコードを使用して画像の表示方法を3列の一覧などいろいろ調整できるが、この機能は標準フォーマットでも調整できるようなので、gallery(ギャラリー)の投稿フォーマット特有の機能ではないようである。

私の感想

投稿フォーマットは「Yuuta]を除き、積極的に使うのはなかなか難しいと感じた。タイトルがないことが最大の特徴のように感じるが、以前書いた一つの記事の追加原稿のような形で使用するのなら面白いと思うが、この場合でも複数の記事が一覧として時系列的に表示されるのであれば、投稿日付を調整して、以前の記事の下に表示することは可能であるが、検索して読む場合、殆どの場合投稿記事毎の検索となり、これで検索して読むと単なるタイトルのない記事として読まれてしまう可能性は高い。悩ましいところである。
唯一使用出来るかもしれないと思っているのは、「Yuuta]というテーマで投稿ファーマットを使用すると投稿内容がキャッチアイ画像の上に表示され、非常にビジュアルになることである。多少は読み難くなるが、クラビアのようで見た目はよい。その場合、反対にタイトルがないと物足りないが、原稿にhタグで文字の大きさをいろいろ変えて表示できるので、タイトルと同じ役割の表示もできる。但しSEO的にはどのように評価されるかは保証の限りではないが。

「Yuuta]でキャッチアイ画像を背景に本文と重ねたテスト頁(百人一首の一句)を作成した。使用した投稿フォーマットは引用。引用ファーマットは通常よりフォントが大きいように設定されているので、見栄えはよい。また、タイトルが表示されないが必要ならh1タグなどで本文に記入すればタイトルらしきものが表示できる。
秋の田のー天智天皇

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト