リコーダーの替え指について

リコーダーの指使いは一種類ではない。一つの音に対して複数個の指使いが存在する。普段は正規の指使いが使用されるが、替え指は指使いを簡単にするなど特別な目的の場合に使用される。

テキストの中にはリコーダーの運指表として複数個の指使いが表示されているものがある。替え指の使用に当たっては正規の指使いに比べ、音色が悪化するので、どのテキストでも安易に使用することは戒めている。

替え指が一番使用させるのはトリルである。トリルは音の動きが早いため、音色の悪化が目立たないし、替え指を使用した方が指使いが簡単であるため多用される。トリル運指表には動かす指が指定させている。

指使いを楽にする目的では早いスケールやパッセージの場合にも有効なようだ。

音色を変化させる目的で使用させることもある。特にサミングした指使いとサミングしない指使いを持つ音域では音色の変化が顕著で、表情を変える目的で使用されることもあるとのこと。

また、替え指によって音量、音程も若干変化するので、ディミヌエンドなどの表現に使用できるようである。

何れにしてもこの辺りは上級者の領域のテクニックであろう。初心者の私が使用したのは、どうしても正規の指使いではもつれる箇所があったので、とりあえず替え指を使用して発表会を誤魔化したことがある。このように初心者でも緊急の場合の逃げ場としては替え指は有効であり、知識として持っておく価値はある。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト