canon S200を安価に購入

Canon PowerShot S200の中古を1万円で購入した。S200は軽量でも性能が良く、歩く時間が多い坂東三十三観音霊場の旅には最適と考える。

新品の中古

中古として販売されているが、品物は新品である。ただ、リストストラップが欠品、保証が1ヶ月、ACの蓋に少し問題ありとある。店員に質問したところ、ACの蓋の問題は撮影に全く影響がないとのことである。同じ状態のカメラが5~6台並べてあったので、通常の中古の引き取りにはあり得ないので、これはメーカから大量に引渡されもの即ち新品と判断した。このS200は電源に問題がありそうなので、多分、在庫処分として、中古の位置付けで市場に出したのであろう。

しかし、新品とは云え品質に多少問題ある商品であり、壊れることが心配であったので、3年間の保証を1000円プラスで付けた。

S200の購入ポイント

S200を購入する気になったのは、先ずは1万円の価格であろう。この価格なら比較的気楽に買える。

次に1/1.7と少し大きめの画像センサーを採用しているが、非常に軽く200g以下であることである。私は昔の一眼レフカメラを持っているが、年を取って来ると、カメラの重さが堪えるようになってきた。S200は軽量コンパクトで胸ポケットに入れて行動できるので、年寄りの旅行には最適である。

よく市販で見かける軽量コンパクトなカメラは画像センサーは1/2.3と小さいのが普通である。このサイズのカメラは画質が悪いので、買う気にはなれない。その点、S200は1/1.7であるので、まあ許容できるぎりぎりの範囲である。出来れば画像センサーが1インチ程度は欲しいのであるが、このレベルのカメラは高価であるし、やはり少し重い。それは当然のことで、フイルム面が大きくなれば、それに比例して、なにもかも大きくなるので重くなるのは当然である。

写り具合

テスト的に写真を撮ったので、写り具合を紹介する。

近所の公園の花(s200)

近所の公園の花(s200)

近状の公園の花。接写に近い形でピントが合うかチェックした。液晶画像からはピントが合っているかは判断出来なかった。

赤レンガ倉庫近くに歴史的な橋

赤レンガ倉庫近くに歴史的な橋

橋や建物の写真は水平が保たれいないと気持ちが悪い。どうも、背面液晶で見て撮るカメラは画面が揺れるので水平を取るのがが難しい。この写真も橋を見て撮ったが、建物の縦線が傾いていた。

ソフトで傾きを修正

水平を修正

水平を修正

室内の写真

室内の写真

赤レンガ倉庫内の店に展示してあったもの。暗いところでどの程度写るか撮ったもの。少しノイズが出ているようである。これでISO500、F2.0,1/30sである。

ISO200、1/15sで撮れるか試す必要あり。

以上、問題もあるが、明るい場所で撮ることが大半なのでプロの作品でないからこの程度の性能で十分か。ただ、水平の問題はカメラのグリッドライン機能や水準器を購入するなりして対策を検討する。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト