SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth イヤホンの感想

タブレットで通話することを目的にマイク付きのカナル型のスポーツタイプ BluetoothのワイヤレスイヤホンSoundPEATS Q12を購入した。 Bluetoothイヤホンにしては安価で性能も予想以上によく満足している。

SoundPEATS Q12

SoundPEATS Q12

スポンサーリンク
スポンサーサイト

 Bluetoothのワイヤレスイヤホン

Bluetoothのワイヤレスイヤホンはスマホーやタブレットと無線で接続して聴くタイプのイヤホンである。このため、タブレット等と接続するコードは必要なくコンパクトになる。タブレット等は少し離れた場所に置いても電波の届く範囲であれば聴くことができる。家事やスポーツをしながら聴くことができる非常に便利なイヤホンである。
反面、有線に比べ製品は複雑となり一般的に高価となる。また、音楽ソースを圧縮して電波で飛ばすので有線に比べ音質が悪くなる傾向にある。またイヤホン側にも電気を必要とするので、充電作業が発生するなどマイナス面もある。
近年、これらの欠点が改良され一般に広く普及するようになって来ている。SoundPEATS Q12はまさしくこの欠点をある程度克服した安価でまとまった製品である。

左右一体型のカナル型イヤホンについて

ワイヤレスイヤホンもいろいろな種類があるがSoundPEATS Q12はワイヤレスイヤホンの中でも主流になりつつある左右一体型のイヤホンで、2つのイヤホンが短い線で結ばれ途中にマイクとコントローラーが装備されている。
また、カナル型イヤホンはインイヤー型よりも、耳穴の奥まで深く挿入して使用するタイプのイヤホンである。耳穴の大きさは各人によって異なるので、3種類のイヤーピースが同梱されていた。
最初、どの大きさのイヤーピースを付けても、直ぐ外れてしまい、しつかり固定できなかったが、角のような形をしたイヤーフックを利用して外耳に固定すると動かなくなった。この状態になると多少動いても落ちないので、スポーツタイプに分類されているのであろう。
また、カナル型はイヤホンを耳の奥まで入れるので、低音がより豊かになり音質が向上することが分かった。入れ方があまいと音が外部に漏れカナル型本来の効果を発揮しないようである。この意味で自分の耳にフィットしたイヤーピースを選ぶことは音質の上で重要なことだ。
ただし、外部の音が殆ど聞こえなくなるので、家内が話しかけてきたとき、何を言っているのか分からない。イヤホンを外して再度確認しなければならない。有線イヤホンと使い分けが必要かもしれない。

ワイヤレス・イヤホンの充電

ワイヤレス・イヤホンの欠点はイヤホン自身にも電源を供給しなければならないことである。同梱されているUSBケーブルを利用してPCや5Vの充電器から定期的に充電作業を行わなければならない。タブレットと同じ形状のUSBなので、タブレットと同じところから充電している。
Q12の充電に要する時間は約2時間で、満タンにすれば約6時間の連続使用が可能であるとのことである。タブレットと同じペースで充電する感覚である。
充電の必要があるかバッテリーの残量を知りたいところであるが、残念ながらアンドロイドでは知ることができない。重要な外出のときは予めバッテリーを満タンにしておく必要がある。なお、Apple社の製品は表示する機能があるとのことである。
バッテリーは充電放電を繰り返せば劣化するので、ワイヤレスイヤホンは消耗品として考える必要がある。また、充電用のUSBを狭いところに抜き差ししていると壊れないかと心配する。恐らく、タブレットが寿命になったときワイヤレスイヤホンも寿命を迎えるのであろう。

ペアリング方法

スマホやタブレットと接続するためには、初回にペアリング(登録)操作を行わなければならない。方法を簡単でイヤホンの電源を切った状態でファンクションボタンを6秒間押し続けるとスマホなどで認識してくれる。その後、スマホなどのBluetoothの操作でQ12の項目が出来れているので、それを選択すれば完了である。
なお、電源を入れた状態で押すと電源を切る操作になるので注意が必要である。
電源のオンオフはファンクションボタンを4秒程度押していれば完了である。一度、ペアリングを行うとその後は電源を入れれば自動的に接続される。耳に付けていれば接続されたことを日本語で知らせてくれる。
Bluetooth機能はネットワークプレーヤーなどにも搭載されているので、手持ちのmarantz-m-cr611とペアリングできるか試してみたが、出来なかった。スマホとタブレットだけペアリングできるように設計されているのであろう。

音質

高音質コーデックaptXに対応し、CVC6.0ノイズキャンセリング技術を搭載していると高音質を謳っている。
音質を表現するのは難しいが、以前、2千円から3千円程度で購入した有線のイヤホンより少し音は良いかなという程度である。音楽ソースにもよるが、YouTubeを聴いていて高音がうるさく感じることもある。コマーシャルの音楽一般的に綺麗に聴こえる。低音が充実した音源を聴いたが特に凄いと感じなかった。ヘッドホーンよりは明らかに低音部分が不足する感じである。
安価に販売されている商品なので、ワイヤレスの割には音質が良いという程度か。
音楽を聴いていて音が一瞬途切れることがある。有線のイヤホンでは経験していない現象なので、多分、周囲に雑音を発生させる機器があるなど電波状態が悪いとき起こる現象でないかと思っている。ワイヤレスなので仕方がないところである。WiFiの状態が悪い場合はソースを読み込むまでしばらく止まるので、少し違う感じである。
ワイヤレスは有線より音質が劣ると思っていたが、音が途切れることがある程度なので、多少認識を改めた。

利用方法

コードが短く、首の後から回して付けていると殆ど邪魔にならない。使用しない時は首に回したまま耳から外してそのままマグネット同志を付ければ首輪状になる。
電波の届く範囲であるが、障害物がなければ10メートル程度はつながる。家庭では家事をしながら聴くことができる。イヤホンを付けたまま数回トイレに入ったがつながっていた。1回だけは電波状態が悪かったのか音が途切れた。
風呂場での使用は湿気に対応できるが、完全な防水でないので水に濡らすことが厳禁とのことである。

会話

購入した目的に会話であるが、付けたまま問題なく会話できた。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト