リコーダーフェスティバルの感想

リコーダーフェスティバルin杉劇2が3月8日(日)横浜の杉田劇場で開催され、横浜、東京の吉沢先生と関係の深いグループなど11リコーダー団体が集まり、日頃の成果を披露した。他の団体のリコーダー音楽を聴けて楽しい一日であった。

総合司会の吉沢実先生とフリーアナウンサーの吉岡聡さんがグループの生い立ちなどを紹介されていたが、市民教室など講習会の集まった人々が教室終了後にグループを結成し、そのまま活動を続けているケースが多い。構成メンバーは少しづつ変化しているが、グループとしては数十年続いているケースもあるようである。世話役と良い指導者がいるグループは続いていくのであろう。

参加者は女性と以外に高齢者が多い。杉劇リコーダーずのようにゴールドエイジと規定しているグループもあるが、全般的に構成メンバーには高齢者が目だった。リコーダーは軽く吹けば音が出る楽器であるので、力が衰えても演奏できることも影響しているのでないだろうか。

どのグループもハーモニーが美しかった。吉沢先生が指導されているグループは当然として、指導されていないグループも実力のあるグループがエントリーして来たのか、ハーモニーは素晴らしかった。ただ、聴き慣れない曲が殆どで、聞いていると眠くなる演奏も多かった。音の強弱を作り難い楽器なので、演奏が平板的になりやすく、聴衆に聞かせるとなるとなかなか難しい。バランスの取れたハーモニーは当然のこととして、特徴ある音色作り、音の強弱やリズムなどメリハリのある選曲や演奏など課題も多いような気がした。

(参加した団体)
1.イワマーニ
2.みなとみらいリコーダーコンソート
3.あいあい音楽部
4.コンソート・モノーレ
5.ヤマハリコーダーオーケストラー横浜
6.MYREB(文京区リコーダーアンサンブル)
7.アンサンブル・マルディ
8.アンサンブル・ピアチェ
9.渋谷リコーダーアンサンブル
10.フイリアン倶楽部
11.杉劇リコーダーず2008

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト