リコーダーのタンギング

リコーダーはとにかく吹き込み口(ウインドウェイ)から息を吹き込めば音がでる単純な楽器であるが、この吹き込む息を止めたり流したり、息の量、息の圧力によって音色、音量、音程が変化するので、演奏する曲に表情を付けるにはタンギングと言われる息をコントロールする技術が不可欠だ。

息を出す方法としては、大きく二つに分けることができる。
(A):ローソクの火を吹き消すときのように、腹から急に吹き出す方法。
(B):腹からの息の流れを一旦舌で止めてから、舌を緩め、息を送り出す方法。
リコーダーのタンギングと言われる技術はBの方法である。初心者の方は案外Aの方法で吹いているのでないだろうか。Aの方法では息の流れをすべて腹の圧力でコントロールしなければならないので、音の出だしが不鮮明になったり、早い曲では1音1音を明確に区切るのが難しいなど欠点が多い。高度な表現のためにはどうしても、舌で息の流れをコントロールする技術が必要になる。

舌で息をコントロールする方法は丁度T、D、Rなどの子音を出すときの舌の動きに近いということであるが、日本人にとっては理解し難い点である。教則本ではtuと発音する方法がよく紹介されているが、その他にも、de、di、ri、re、ru、ta、te、keいろいろな発音で指定されている。タンギングの方法はどうやら一様ではなく、出す音や、曲の表情によっていろいろと変化させるようである。

舌の位置は目に見えないし、取り合えず音が出ているので、現在の感覚で合っているだろうと納得しているが、これから、高度な表現力を身につけるためには一度、白紙に戻し、最初から正しい癖を付け直す必要があるのでないかと思っている。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト