レンタルサーバのメールにトライ

minibirdのレンタルサーバを借りてメールアドレスが500個使用できるようになったが、どの程度使えるのかトライしてみた。

メールアドレスの設定

1)minibirdの管理画面からメールアドレス設定のメニューを選択。

2)自分の使用できるドメインのリストが表示されるので、表示されたドメインの中からメールを設定するドメイン(BBB)を選択する。
3)メールアドレス追加のページを開く。
4)メールアドレスの@の前の名称(AAA)とパスワードを決める。
メールアドレスは AAA@BBB の形式になる。その時POP と SMTPのアドレス名が表示される。これは設定したメールアドレスと異なっているので記録しておく。メールソフトの設定で必要になることもある。

メールの転送設定

メールの転送設定ができる。
1)転送先のメールアドレス
2)転送したときオリジナルのアドレスにメールの内容を保存するか削除するかの設定

これで設定は完了である。これで設定したメールアドレスのメールの内容を管理画面から見ることができるようになるし、また、外部に送信できるようになる。

メールソフトの設定

メールアドレスは設定できたが、何時も管理画面を使用していたのでは使い勝手が悪いので、一般のメールソフトを使用して指定したメールアドレスが使用できるようにする。
どのメールソフトも使用できるわけではなさそうであるが、私の使用しているMozilla Thunderbirdから見ることができる。

Mozilla Thunderbirdでの設定方法

1)Mozilla Thunderbirdで以下の手順でメールアカウントの追加画面を開く
ツール→カウント設定→アカウント操作→メールアカウントの追加

2)入力画面から使用するメールアドデスの情報を入力する。

  • 名 前
  • 設定するメールアドレス
  • メールアドレスを設定したときのパスワード

3)続けるボタンを押すと、指定したメールアドレスのチェックが行われる。

4)セキュリティのチェックが行われ、セキュリティの警告が表示された。例外を認めるとを選択すると接続できるようになった。これで使えるようになる。

5)複数のメールアドレスを使用しているときは。移動メニューからホルダーを切り替え、使用するメールアドレスを選択すれば、新規に設定したメールアドレスとリンクするようになる。

送受信テスト

他のメールアドレス、Gメール、携帯メールからそれぞれ送受信をテストを行ったが、問題なくできた。但し、セキュリティの警告が出たことを考えると重要な文書の送受信は行わないのが無難なようだ。友達との軽い遣り取りは十分使えると思われる。

使える個数が500個というのは会社などの社内メールに使用されることを想定しているのであろうか。まあ、個人がこんなに多くのメールアドレスを使用することはない。個人的に他の人に使わせることも可能であると思われるが、管理画面からそのメール内容を確認できたり削除したりできるので、あまり好まれないだろう。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト